本日は、「期待収益率20%以上で経営するには?」について書きます。  


前回は、「もしも83億円かけて開発した場合、どう経営するか?
 

単純なホテル事業のみで経営した場合、利益率6.9%という事で、このままではとても運営できる状況でないため、

いかにして期待収益率20%達成するかについてのプランを書き出します!



◆コンセプト
作りこんだ高級路線ではなく、現地の素材をいかした自然に溶け込む親しみやすい空間を提供する


◆料理の提供について
海外のお客様も日本のお客様も双方がいらっしゃる観光地であるため、
四季に合わせた日本料理とハンファングループの母国である韓国料理を提供することで他との差別化をはかるのが良いと考えます。
・ホテル内には 自社では料理を提供せず、テナントに日本料理店と韓国料理店に入って頂く。
・直接飲食店の雇用を行わないため人件費と運営費の削減、テナント貸しの賃料収入を得られるようになる。
結果としてホテル集客に注力が出来、集客力次第でホテル運営とテナントの賃料の増減に繋がる。
※お酒の提供場所として最上階にバーを運営するのも一考です。
※全テナント合計で賃料100万円/月を想定。


◆人件費について
・100人を直接雇用としていましたが、人を介さないホテル運営が出来るようにシステムを導入し、雇用人数を1/3削減を行う。
・高サービスを提供出来るような社員教育を行い、顧客満足度の高い
※システム導入に伴い、初期投資5000万円を投下、メンテナンス費10万円/月を想定。


◆ホテル客室について
・スウィートルームなど高サービスの客室を設け、客単価が上がるサービスを提供する。
客室内も自然を感じられるように現地の自然素材のものを利用する


◆イベント企画について
自然を満喫できる趣味などのグループで人と人を繋げる企画として、自然のなかでeスポーツを楽しみ、リアルとバーチャルを融合させた企画を行う。その他トレッキングなども検討。
・体験ツアーを組み、目的を持ったお客様を誘導し、リピート率を高める。


◆収入
テナント賃料収入100万円×12か月=1,200万円
体験ツアー参加料2,000円×月あたりの参加者300人×12か月=720万円
スウィートルームなどの差額収入300万円×12か月=3,600万円

合計:5,520万円


◆費用
システム導入初期費用5,000万円
システム導入ランニングコスト10万円×12ヵ月=120万円
人件費削減-10,000万円

合計:-4,880万円



前回のシミュレーションでは、
年間476,100,000円ー①総収入

人件費は100人の雇用で平均年収300万円を想定、
年間300,000,000円ー②人件費

水道光熱費(10%)、広告宣伝費(10%)などの経費を売上の30%を想定、
年間142,830,000円-③運営費

①-②-③
営業純利益33,270,000円
粗利高営業利益率6.9%  



今回の改善を反映させると、
年間476,100,000円ー①総収入+55,200,000円   
=531,300,000-④総収入

年間300,000,000円ー②人件費-100,000,000円
=200,000,000円ー⑤人件費

年間142,830,000円ー③運営費+51,200,000円   
=194,030,000円ー⑥運営費


④-⑤-⑥
営業純利益137,270,000円ー⑦

⑦÷④
粗利高営業利益率 25.8%  


想定のシミュレーションでは、
粗利高営業利益率では25.8%となりました!

無事に期待収益率20%を超え、経営出来そうな気がしてきました。
精査が必要な箇所は多々ありますが経営イメージは作れたと思います。

またこのような案件があれば、
今後も経営シミュレーションを行ってみたいです!




読者登録宜しくお願いします!

高嶋