昨日同様に東京はぐずついた天気をしております。
傘の準備をお忘れなく。


少しづつ社会に浸透してきている「スマート店舗」(深夜省人化)。
人手不足を解消するべく、コンビニなどで検討されています。
記事はこちらから


ダウンロード


コンビニ業界大手の「ローソン」が本日8月23日より約半年間、
神奈川県横浜市のフランチャイズ店舗にて実験を実施します。

スマート店舗を運営するにあたり下記設備の導入が必要になります。
・入店管理機器
・自動釣銭機付セルフレジ
・スマホレジ
・カウンターカーテン
・酒カバー
・防犯カメラ、モニター

店舗内は夜間無人になる為、防犯対策と年齢確認が必要な商品を販売しないこと。
上記設備投資にかかる費用は不明ですが長期的にみた場合の人件費よりも安価に運営することが
出来るのではないかと思います。


コンビニから派生し、ファストフードや小売業も「スマート店舗」化し、
不動産賃貸仲介業もその一つと考えております。


人を介して行う必要がある仕事とそうでない仕事が仕分けされ、
従業員にとっては働きやすく、お客様にとっては便利な店づくりが必要となると思います。


無人店舗のコンビニは気になりますので足を伸ばして体験してみます!

それではまた明日。


高嶋